GroupMAN@IT e2



G-MAN e²は、各業務システムのデータ・情報をシームレスに連携・統合し、経営判断・意思決定に必要となる「すべての経営情報の統合管理と活用」を実現する「経営統合管理プラットフォーム」です。





各業務システム間の連携を行う場合、これまでは都度ブリッジシステムや連携ロジック、膨大なアドオンシステム等が必要となりましたが、これらはシステムの拡張性や柔軟性を阻み、結果的に業務分断の解消や作業負担の減少を実現できない大きな要因でした。
G-MAN e²は、入出力インターフェースとなる「FLEX I/O」を介して各業務システムと連携することで、会計、販売、仕入在庫、顧客、および人事給与、勤怠、営業情報等のあらゆる経営データを「CoreEngine」に蓄積し、統合的に管理することが可能であるため、データの分析、加工、生成、および各業務システムへのデータのフィードバック等を容易に実現します。また、「CoreEngine」に蓄積されたデータをもとに、「MultiView」にて様々な切り口で経営情報を出力、分析することが可能です。





◆FLEX I/O

・各業務システムのデータをスムーズに連携、取込みします。
・各業務システムからCoreEngineにデータを渡す一方向の連携だけでなく、CoreEngineに蓄積されたデータから既存の各業務システムのマスタデータを取得する(MDM拡張)など、双方向での活用も可能です。
・ご要望に応じた個別拡張により、専用の取込ドライバを提供することも可能です。


◆CoreEngine

・経営分析、意思決定のための経営データを リアルタイムに蓄積します。
CoreEngineに実装されているビジネスロジックの働きにより、経営管理に適したデータとして変換、蓄積されます。
・ご要望に応じた個別拡張により、独自のDBやロジックを組み込めるため、様々な要望にも対応可能です。


◆MultiView

CoreEngineに蓄積された経営データを多彩な分析軸、自由な切り口で可視化します。
・最新データをもとに様々な経営指標や帳票を出力できるため、リアルタイムでの経営判断が可能です。
・ご要望に応じた個別拡張により、独自の経営分析も可能です。






  • 健康いいものonline
  • ITはなびらたけブランドサイト
  • 最新IR資料ダウンロード
  • 決算説明会映像