ハナビラタケと健康

健康関連

糖尿病関連の有効性研究
a.Ⅱ型糖尿病の主要評価項目HbA1cへの有効性を確認 当社グループでは当社グループ生産ハナビラタケ『LB-Scr』を主原料としたⅡ型糖尿病患者に対するヒト臨床試験を6ヶ月にわたり実施しました。このヒト臨床試験により、Ⅱ型糖尿病の主要評価項目HbA1cへの有効性が確認されています。

※HbA1cとは、ヘモグロビンに血液中のブドウ糖が結合したもので、糖尿病診断の検査値になっています。詳細の試験方法や完了結果は当社グループ子会社らぼぉぐのリリースにてご確認ください。

○らぼぉぐ生産ハナビラタケLB-Scrを主原料とするヒト臨床試験完了のご報告
○ヒト臨床試験結果に係る補足資料(Ⅱ型糖尿病患者向けヒト臨床試験)

免疫関連の有効性研究
a.アレルギー性疾患の主要評価項目IgEの抑制傾向を確認
当社グループでは当社グループ生産ハナビラタケ『LB-Scr』を主原料としたアレルギー性疾患患者に対するヒト臨床試験を6ヶ月にわたり実施しました。
このヒト臨床試験により、アレルギー性疾患への有効性が確認されています。アレルギー性疾患の主要評価項目であるIgE値をデータ解析したところ、アレルギー性疾患への有効性を確認しました。

※IgEとは、抗原(アレルゲン)に対して反応する免疫グロブリンのことです。個人差があり明確な基準はありませんが、一般的には170(IU/ml)が基準値とされます。基準値以上の場合、アレルギー症状が発現しているとされます。詳細の試験方法や完了結果は当社グループらぼぉぐのリリースにてご確認ください。

○らぼぉぐ生産ハナビラタケLB-Scrを主原料とするヒト臨床試験完了のご報告(追報)
○ヒト臨床試験結果に係る補足資料(アレルギー性疾患患者向けヒト臨床試験)

そのほか健康に関する有効性研究
a.肝機能指標であるγ-GTP、GOT、GPTに対して有効性を確認
当社ヒト臨床試験で副次的に採取した肝機能指標について改善が見られました。γ-GTP、GOT、GPTの値は高いほど肝臓の機能が損なわれている可能性が高くなる数値になります。

○らぼぉぐ生産ハナビラタケLB-Scrについて、ヒト臨床試験から「肝機能」、「肌(美容)」への有効性を確認

b. 神経系伝達物質セロトニン値の改善効果を確認
当社ヒト臨床試験で副次的に採取した神経系指標のセロトニンに対して改善効果が見られました。

○らぼぉぐ生産ハナビラタケLB-Scrを主原料とするヒト臨床試験完了のご報告(追報)
○ヒト臨床試験結果に係る補足資料(アレルギー性疾患患者向けヒト臨床試験)


美容関連

「ハナビラタケと美容」に関してお伝えしたい情報は、
 ・健康素材としてのヒト臨床試験における美容効果
 ・美容素材としてのヒト肌を用いた臨床研究による有効性
です。

健康素材としてのヒト臨床試験における肌(美容)指標への効果
当社グループに6ヶ月にわたり実施した健康素材ハナビラタケ『LB-Scr』を主原料とするヒト臨床試験により副次的評価として、専用機器を用いた肌検査を実施しました。
その中で下記が確認されました。
 a.色素沈着への改善効果
 b.毛穴スコアの改善効果
詳細の試験方法や完了結果は当社グループらぼぉぐのリリースにてご確認ください。

○らぼぉぐ生産ハナビラタケLB-Scrについて、ヒト臨床試験から「肝機能」、「肌(美容)」への有効性を確認

美容素材としてのヒト肌を用いた臨床研究による有効性
当社美容素材インタートレードビューティーグルカンにて臨床研究をしたデータ解析の結果をご紹介します。
 a.ヒトの肌におけるアミノ酸含量の増加を確認
 b.ヒトの肌における角質層の水分量の増加を確認
 c.ヒトの肌におけるシワ改善の即効性を確認

○インタートレードビューティーグルカンの美容に対する有効性について

« ヘルスケア事業トップへ




  • 健康いいものonline
  • ITはなびらたけブランドサイト
  • 最新IR資料ダウンロード
  • 決算説明会映像