ハナビラタケとは

ハナビラタケとは

概要 標高1000メートルを超える高山に生育し、直射日光のあたらない、湿度と風に恵まれる環境を好みます。
梅雨の後など水分の高い環境で急成長する特殊なキノコで、これは他のキノコが嫌うカラマツなど針葉樹に寄生することに関係しているようです。
針葉樹にはヤニなどリグニンと呼ばれる毒性ポリフェノールが多く含まれるため、菌類はそれら毒素が分解できないため、基本的には生育できないのですが、ハナビラタケは、そのような強い毒素を分解し、生育しているのです。
酸素を非常に多く消費し、3か月以上という長期間にわたり生育するのです。
※天然ハナビラタケ(山梨県にて当社社員撮影)
見た目の特徴 一般的なキノコは茶系色の印象が強いのですが、ハナビラタケは白色~淡黄色です。色は寄生先の栄養素に影響を受けます。
非常に大きな子実体に育つものも多く、大きいものはバレーボールサイズになります。
その姿はまるで白い花がふんわり咲いているように美しく、名前の通り「花弁」のような、或いは「白い珊瑚礁」のようです。
栄養成分 当社ハナビラタケの成分は以下のとおりです。
子実体の約9割は水分になります。乾燥させたハナビラタケは、炭水化物が全体の70%近くを占め、更に炭水化物の半分以上がβグルカンと言われる成分で構成されています。βグルカンは健康維持において重要な役割を果たしており、乾物全体で30~40%を占めています。
なお、同業他社の生産するハナビラタケのβグルカンは50%を超えているものが殆どですが、弊社はβグルカン以外の機能性成分に着目しているため、あえてβグルカンの総量を抑える栽培方法を選択しています。
山と川に囲まれた自然に恵まれた環境で、放射線や有害物質を含まない山梨近郊の安全な培地にこだわり、天然と同じように、3か月以上の時間をかけて、丁寧に栽培しています。
この機能性成分については、東京女子医科大学病院と国立研究開発法人産業技術総合研究所との共同研究の結果(※開示情報を参照)新しい細胞活性であるサイレントエストロゲンを発見しました。
食べても美味しい
ハナビラタケ
ハナビラタケは機能性キノコの面が強いことから、サプリメントなどの販売が目立ちますが、実は食用キノコの側面も持っています。
機能性キノコは脆かったり硬かったりして 本来は食用に適さないものが殆どですが、ハナビラタケは食感が優れた食材としても、プロの料理人から高い評価を受けています。
味の特徴は弱いのですが、蒟蒻や豆腐のように、ローカロリーで健康に優れた食材で、生でも食べることが出来るのです。
花弁のような部分は綺麗で、料理の飾り付けなどに最適で素敵です。食べた感じもキクラゲのようなコリコリ感があり、鍋にも相性がとても良いと思います。
茎の部分はステーキやイカに似た肉質的食感で、中華など油を使った料理との相性が優れています。当社ハナビラタケもレストラン・ホテル様などにご利用頂いております。

ハナビラタケ含有成分

ハナビラタケに含まれる成分の中でも最も特徴的なのがβグルカンと呼ばれる成分で、1-3型の結合を持つタイプ(β1-3Dグルカン)を多く含有することが特徴です。

グルカンとはブドウ糖が結合した天然に多く存在する多糖類で、αグルカンとβグルカンに大別されますが、キノコ、酵母、真菌等に細胞壁の構造物質として含まれるのがβグルカンです。
このβ1-3Dグルカンはこの他キノコと比較しても含有量が飛びぬけて豊富で、この成分は免疫機能に作用することが確認されており、論文などにより多く発表されています

当社はこの成分はアジュバントとして優秀であると認識しており、メインは他の有効成分であると推測し科学的根拠を準備しています。この有効成分の可能性について、先に行ったヒト臨床(国内初、別紙参照)の結果より注目し、産学官の共同研究を実施しております。

ハナビラタケの全国生産量

2012年時点の林野庁発表資料によると、ハナビラタケの全国生産量は僅か80トン弱となっています。きのこ全種の総生産量は50万トン弱ですので、ハナビラタケがキノコ全種生産量に占める割合は僅か0.02%程度に過ぎません。

一般に流通することも少なく、非常にマイナーなキノコですが、これは菌がデリケートで、栽培に独自のノウハウが必要であり、収穫するまでに非常い手間がかかる生産性が低い贅沢なキノコだからです。まだまだ流通量も限定的であり一般の認知度が低い状態が続いていますが、ハナビラタケが健康長寿時代を迎える現代において、非常に期待できる食材であることは事実です。
ハナビラタケを継続して摂取することにより、血管年令など嬉しい結果が多数報告されています。この科学的根拠を明確にし、生産量の拡大などを通じ、皆様に満足していただけるよう、そしてより多くの方々に認知頂けるよう努めて参ります。


« ヘルスケア事業トップへ




  • 健康いいものonline
  • ITはなびらたけブランドサイト
  • 最新IR資料ダウンロード